あまり多くの会社で車の査定を受けない方が良い理由

車買取の基本の1つは、複数会社です。1つのお店ではなく、複数のお店で車を見てもらう方が良いのですね。
理由は、もちろん各会社の金額を比較するためです。会社によって買い取り金額に違いがあるので、多くのところで査定を受ける方が、車も高く売れやすいでしょう。

多すぎると混乱を招く

ただ複数の会社を利用するにしても、ちょっと気をつけた方が良い点もあります。あまり多すぎるのも問題なのですね。

そもそも多くの会社を利用するとなると、ちょっと混乱してしまう可能性があります。ちょっと極端な例ですが、30社で車査定を行ってもらったとします。さすがに30社もあれば、どこかの会社では高く売れる可能性はありますね

しかし30社ともなると、ちょっと混乱してしまうと思いませんでしょうか。最初の5社や10社程度ならば何とか把握できても、20社や30社になってしまうとどの業者が何円程度だったのか分からなくなってしまうでしょう。

しかも買取会社の顧客対応のマナーなども、それぞれ異なります。どの業者のマナーが良かったか、混乱してしまう可能性もありますね。結局どの業者が最適なのか、分からなくなってしまう可能性があるのです。

数が多いと対応するのも大変になってしまう

048確かにメモ帳などを用いて、1つ1つの会社のメリットなどを記録するのも良いでしょう。メモ帳などで記録していけば、ある程度は管理しやすくなると思います。

ですが30社で査定を受ければ、今度は対応するのが大変です。全ての会社の査定が完了するのに要する時間は、1週間くらいでしょうか。もっと日数を要するかもしれません。

それを考慮すると、あまり多すぎるのも現実的ではありませんね。多くても10社程度にとどめておく方が無難だと思います。